よかったらクリックしてやって下さい
ば、ば、ばなーにほんブログ村 その他日記ブログへ

2007年11月13日

弟切草

こんちは、どもども。

水郷です。

更新しないんじゃなかったのかとかね。

そんな声が聞こえてきそうですけどね。

レポートをずっと書いてると疲れてきて。

DVDでも観て気分を変えようと思ったんです。


で、観たんです。

「弟切草」を。

兄が借りてきた弟切草を。

中学生時代に原作やりましたからね。

結構楽しみにしてたんですよ。

同時に原作自体、あんまり面白くなかったから。

ちょっと不安もあったんです。

で、観た感想なんですけど。

ファンは読まない方がいいです。

※ネタバレ注意














あのね。

これちょっと、ヒドい。

何がって。

暗いんですよ。

全てにおいて暗い。

ホラーなんだから暗くて当たり前とか言わないで下さいよ。

画面が暗いんです。

もうね。

わけわかんない。

暗くて。

見えないの。

暗くて。

絵画とか、室内の様子とか。

全然わかんない。

暗くて。

電気点けろよと。

点けないんです、電気。

馬鹿だから。

主人公の浩平くん。

死体を発見した時にね。

警察に連絡してくれって、メールしてんの。

メールしてんの、職場の仲間に。

携帯持ってるのに。

普通に携帯使って通話とかしてんのに。

通話とかしてんのに、警察に連絡はしないの。

警察へは連絡しないで。

警察へ連絡してくれってメールしてんの。

馬鹿だから。

あとヒロインの奈美さん。

暗い。

ウザい。

辛気臭い。

腐ったり、喚いたり。

私と仕事とどっちが大事なのって。

もう最低。

あとね。

最後なんか頑張って絵を描いてるの。

大怪我した主人公無視して絵を描いてるの。

馬鹿だから。

でね、でね。

直美って奴がいんだけど。

双子の妹。

実は男でしたって。

無理がある。

ちょっと無理がある。

役者にも無理がある。

ヒロインと双子だから同い年。

成人男性。

それであれは無理がある。

まだ声変わりしてないのかと。

んでね。

両眼を炎に染める某って絵画があるんだけど。

両眼をリョウガンと読むのね。

漢字で書いてくれないとわかんない。

口で言われてもわかんない。

リョウガンを炎に染める某って。

ずっと両岸だと思ってた。

馬鹿だから。

で、両眼をナイフで抉るんだけど。

血がダラダラ流れてるんだけど。

目が潰れてないの。

最後目を開けたら普通に目があるの。

馬鹿だから。

あと色々計画してたみたいだけど。

たまたま、豪雨で主人公達が帰れなくなって。

たまたま、倒木で自動車が壊れちゃったからいいけど。

晴れてたら、即日逮捕されてる。

馬鹿だから。

馬鹿だから。

なんかもう、ほんと馬鹿。

弟切草とか。

あんまり関係ない。

全然関係ない。

復讐でもない。

弟切草である必要がない。

素敵過ぎ。

これ作った人たちが心配。

色々と心配。

頑張って生きて欲しい。




posted by 水卿 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | DVDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ノロイ

兄がまたDVDを借りてきたので。

凝りもせずにDVDを借りてきたので。

一緒に観たんです。

「ノロイ」ってやつを。

白いイタチではありません。

ホラーの方です。

で、レビュー載せますんで。

ネタバレあります。

観てない人は読まないほうがいいです。

あとファンの方も読まない方がいいです。




















騙されました。


兄に騙されました。


絶対痛いDVD借りてくると思ったのに。

面白いんです。

普通に面白いんです。

飽きさせない内容なんです。

上手かったですよ、演出とか。

これは面白かったですよ。




霊能者の堀さんとか、いい味出してたんです。

「霊体ミミズ、ヒャハー!」

とか、いい味出してたんです。




超能力少女が。

「透視ヒャハー!」

とか。



まあ、そんな事言ってないんですけど。

いい味出してたんです。







あと音声が小さくて、TVの音量上げないと聞こえなくて。

音量を上げると、急に大声で叫んだりして。


うるせー!


みたいな。

そんな感じで面白かったです。





えっと。



うん。




見所はそれくらい。



いや、ほんとそれくらいしかなかった。



あとは、式神との戦い。

敵の女が胎児を生贄にして復活させた古の魔物。

それが、禍具魂。

立ち向かえ!

私達にしか抗えない!

早くしないとヒロインが死んでしまう!

もう時間がない!

あ、死んだ。

敵の女が。





そんな話だったと思う。



確か、そんな話だったと思う。




違った?




まあ、そんな感じで。

アルコールを嗜みながらだったから詳しく覚えてないんですね。

霊能者の堀さんがラブリー過ぎて覚えてないんですよ。

キ×ガイの堀さんがキュート過ぎて覚えてないんです。





「霊体ミミズ、ヒャハー!」


とか。


そんなのしか覚えてない。





「透視ヒャハー!」


とか。




いや、言ってないけど。






posted by 水卿 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | DVDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

チェーン〜連鎖呪殺〜

兄がまたDVDを借りてきたんで一緒に観たんです。

「チェーン〜連鎖呪殺〜」とかいうやつ。

ちょっとレビュー載せてみます。


※ こっから若干ネタバレあるんで注意してね。














もうね、凄かった。

演技が凄かった。

ありえないぐらいに凄かった。

大根とかいうレベルじゃないのよ。

キュウリとかレンコンとか、そういった次元。

凄かった。

凄く痛かった。

痛くて見てらんなかった。


話の辻褄が合わないとか、警察が調べたらバレるじゃんとか、そういった突っ込みはしませんよ。
メルアド知らない相手に、どうやってメール送ってるんだとか。
12時間以内とかいいつつ、6時間でダウトじゃんとか。
どうせ殺す気でいるなら、わけの分からない演出や特殊メイクは全く必要ないじゃんとか。
級友が誘拐されたら通報せーよとか。
そんなの突っ込まない、突っ込み出したらキリがないもの。
だって和製ホラーだから。
日本のホラーは幽霊とか出しておけば何でも許されると思ってるからいちいち突っ込まない。
辻褄が合わないから、最後はボカして終わるってのも分かりきってるから突っ込まない。
突っ込んでるけど突っ込まない。


でも、せめて。

演技くらいはまともにして下さい。



一箇所くらいはビビらせて下さい。

怖くないホラーなんて存在価値ないじゃん。

今時、学芸会でももうちょいマシだっつーの。

もうホント、勘弁して下さい。


「電波電波〜」

とかね。

セリフよりも、その演技をしているメガネが痛い。

メガネが痛い。

メガネのスキップが痛い。

痛くて見てらんない。

可哀想で見てらんない。

もう許してあげて。

助けてあげて。

これ以上彼女を辱めないで。

お願いだから。




そんな作品。

posted by 水卿 at 04:11| Comment(2) | TrackBack(0) | DVDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。