よかったらクリックしてやって下さい
ば、ば、ばなーにほんブログ村 その他日記ブログへ

2007年12月28日

空手ババアと極道オヤジ

毎日キムチを食べる女がいて。

職場にキムチを食べる女がいて。

毎日食べるんですけど。

夜勤明けの朝食とか。

早朝出勤の朝食とか。

とにかく朝食のときになると。

キムチを食べる女がいて。

生粋の日本人なんですけど。

顔とか完全に日本人って顔なんですが。

キムチが大好きで。

私も好きなんですけど。

朝からキムチはちょっとって感じで。

出勤してきたらキムチの匂いとか。

嫌なんで。

介護職員の仕事は。

介護サービスの提供だからサービス業みたいなもんで。

ある意味、接客にあたるんで。

キムチはやめたほうがいいんですけど。

かなり上のほうの先輩なので。

定年間近のオバハンなので。

主任より年上で。

空手とかやっていて。

空手とか黒帯で。

武道派のオバハンで。

私より背が高くて。

背筋はピンと伸びていて。

贅肉とか一切ついていなくて。

握力が60キロくらいあって。

来年で定年のオバハンの握力じゃないよって話で。

たまに型とか見せてもらうんですけど。

中段から上下自在に変化する蹴りとか。

避けようが無いんで。

地面と垂直に近い角度で繰り出す蹴り上げとか。

アゴが砕けるんで。

戦ったらまず勝てないんで。

男性でも勝てないんで。

香水女と違って。

臭いとは言えなくて。

言ったら色々されるんで。

首の骨とか折られるんで。

誰も注意できないんですけど。

主任以外は誰も注意できないんですけど。

臭いものは臭いんで。

キムチの匂いをプンプンさせている施設なんてここくらいで。

面会者の訝しげな表情とか見えるんで。

困っていたのですが。

同じく40代のオッサン職員もいて。

どう見ても極道なんですけど。

街中で会ったら絶対視線逸らしますよってオッサンで。

ヤクザにしか見えないんですけど。

チンピラじゃなくて極道にしか見えなくて。

若い衆を引き連れてそうな人相で。

ポリスメンに尾行されてそうな凶悪な風貌で。

190近い身長と、それに見合う体格の持ち主で。

イメージとしては。

獅子脅しの聞こえる立派な座敷に正座して。

札束の詰まったスーツケースを初老の男性に差し出し。


「今月分でございやす、お納めくだせぇ」


「…前より少ない気がするが?」


「へぇ、取締りが厳しくなりやして」


とか言ってそうな感じです。

何を血迷ってこんな仕事やってるんだと聞きたくなるんですけど。

正真正銘、普通の介護職員で。

年寄りには妙に評判良くて。

世の中の不思議を垣間見たりするのですが。

その極道みたいなオッサン職員が。

キムチ女と口論になっていて。

昨日出勤したら喧嘩になっていて。

原因はやっぱりキムチで。

臭いって話になっていて。


「●●さん、臭いからやめてもらえませんかね?」


「仕方ないでしょ、キムチなんだから」


「なら、食べなきゃいいでしょう?」


とか、そんな感じで。

一応極道オヤジの方が後輩にあたるんで下手には出ていましたが。

下手に出てるのは言葉だけで。

口調は完全に喧嘩腰で。


おう、やんのかババア?


って表情なのが遠目にもハッキリ分かるくらいで。

ハラハラしながら見てたんです。

なら見なきゃいいんですけど。

ちょっと野次馬根性で。

他人事なので余裕ありましたし。

滅多に見れるものじゃないんで。

面白そうだったから。

ずっと見てました。

他の職員も見に来てましたし。

平和な施設です、うちは。

で、とにかく。

職員室の中は。


アゴ砕きの空手ババア VS 極道もどきのオヤジ


我が施設の誇る竜虎が激突って感じで。


目が離せない状況だったんですね。

ジィーっと見ていたんですけど。

なかなか武力対決にはならなくて。

当たり前なんですけど。

口喧嘩だけが続いていたんです。

まあ、それはそれで面白いというか。

完全に嫌な奴になってる気がするんですけど。

知るかって感じで。

他の職員と。

どっちが勝つかな?

とか言い合ってたんです。

そしたら主任が出勤してきて。

ある意味最強の主任が出勤してきて。

こりゃマズイって逃げたんですけど。

この辺りが小者の性なんですけど。

トロイ奴が捕まって。


「何してるの?」


って聞かれてしまって。


「喧嘩見てました」


って馬鹿正直に答えちゃったんです。

問い詰められて全部答えちゃったんです。

そしたら主任は、ズカズカ決戦場へ踏み込んでいくんです。

火薬の匂いが漂う職員室へ踏み込んでいくんです。

素敵な予感!

って思って。

慌てて私も覗きに行ったんです。

私が覗いた時には。

すでに空手ババアと極道オヤジが喧嘩やめていて。

主任が二人の間に入っていて。

二人の喧嘩を仲裁ってか、どうみても説教だったんですけど。

職場の仲間同士で喧嘩するなって叱り付けて。

空手ババアに向かって。


「キムチは臭い!」


とか言い放って。


無敵だ、主任…。


って感心してたんです。

そしたら。

今度はこっちへ近付いてきて。

主任が近付いてきて。

目が合っちゃったんで逃げることも出来ず。

オドオドしていたら。


「見てたなら止めなさい!」


って叱られたんですけど。

今回ばかりは無理だろって。

私じゃとても止めらんないですって。

そう思ったんですけど。

当然、主任の後ろには空手ババアと極道オヤジがいるわけでして。

ヤクザみたいだから、とか。

アゴ砕かれます、とか。

そっちの方が言えないんで。

本人ら目の前にして言えないんで。

今度は私が標的になるんで。


「主任、ちょっと話があります」


って言って。

廊下の隅まで主任を引っ張ってきて。

言えないです、と。

言えるわけないです、と。

怖くて言えますかい、と。

説教しときました。

主任に説教しときました。


そ…そうね。


って納得してました。




あれ、私が最強?





タグ:日記 喧嘩
posted by 水卿 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

バイトと保身

職場にですね。

バイトで来ている学生さんがいるんですが。

良く働く子でしてね。

異常なくらい働くんです。

休憩だっつってんのに働くんです。

休めつってんのに働くんです。

頑張りますって言って働くんです。

真面目に働くんです。

もうね。

こんなに働かれると私の存在が薄れるっていうか。

私がいらない子になってしまうので。

すでにいらない子なんですけど。

それが浮き彫りになっちゃうので。

なんとか頑張らせないようにと四苦八苦しているのですが。

主任に。

「学生をあんなに働かせたら問題ですよ」

と指摘してるんですけど。

「ずっとここにいて欲しいわー」

とか言っちゃって。

すっかりその学生を気に入っちゃって。

非常にマズイ状況なんです。


だってほら。

バイトの学生があんなに仕事をこなしてるのに。

正職員の私達がサボっているわけにはいかないじゃないですか。

いや、サボりますけどね!

サボるけど!

そうじゃなくて!

サボらずとも仕事を全部取られるから。

サボらなくても、サボってるのと変わらない。

こりゃマズいわけです。

だって私より仕事速いんですよ。

先輩の威厳とかあったもんじゃない。

どうしたもんかと。

思案していたわけなのです。

今年入ってきた後輩の女性がいるんですけど。

彼女は新米らしく仕事が遅いんですね。

学生気分が抜けない素敵な駄目職員なんですけど。

それが正しい新米の在り方であって。

あんなに働くバイトがいたら気が気じゃない


こりゃあ堕落させるしかないと思って。

バイトの子が昼食を食べてる時に隣に寄って行ってですね。

軽妙なトークで警戒心を解いて。

最近太った?

とか、そんな感じで。

時事ネタとか織り交ぜながら楽しく会話していたんです。

さりげなく給料の安さとかアピールして。

頑張らなくてもいいよいいよ。

のんびりでいいよ。

ゆっくりでいいよ。

楽してりゃいいよ。

と言い聞かせて。

介護にまつわる暗い話を延々と語って。

やってられないって気分にさせてみたんですけど。

話の途中に手で制止されましてですね。

私の目を見つめてくるんです。

バイトの子が。

ジっと私の目を見るの。

バイトの子が。

え、え、何、何?

ってドギマギしてたら。


「真面目に働いて下さい」


って叱られました。


バイトに叱られました。


思わず怯んじゃったんですけど。

相手はバイトの子なので。

強気に出られる相手なので。

言い負かされるわけにはいきません。

キっとバイトの目を睨み。


「無茶言うな!」


と、怒鳴り返してやりました。






結果。



主任と相談員に呼び出しをくらいました。

posted by 水卿 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

クリスマスと慰問

あのね。

今日はクリスマスイブってことなので。

中学生が慰問に来たんです。

老人ホームに。

プレゼントとケーキ持って。

微笑ましく見えるでしょ?

それヤバイんですって。

そりゃ世間じゃクリスマスで浮かれてるのは分かりますよ。

恋人のいない人が枕を濡らすのも分かりますよ。

けどね。

老人ホームって老人がいるんですよ。

そこんとこ分かってる?

戦争体験者ですよ。

殺すか殺されるかの世界にいた人たちですよ。

家族を殺されたり、戦友を殺されたり、見捨てなきゃいけなかったり。

同じことを相手にしたり。

そんな世界を実際に体験してきた人たちですよ。

その相手がアメリカなんですよ。

だからね。

今でもアメリカ嫌いの人とかいるんです。

クリスマスとかに嫌悪感持つ人とかいるんです。

もちろん大半の方はお祭りみたいに楽しんでますよ、クリスマス。

ケーキが食べられるって喜んでる人とか多いですよ。

でも忘れられない過去として持ち続ける人もいるわけですよ。

自分の親とか親友が目の前で殺されたら。

まさに目の前で死ぬのを見たら。

死ぬに死ねず、あまりの苦痛にのた打ち回る姿を見たら。

私だってそうなるかもしれません。

それをね。

お気楽そうな顔で。

「メリークリスマス!」

とか言ってアメリカの歌を歌ってりゃ。

激昂して杖で殴りかかる人とか出て来るんですってば。

温厚な人が豹変したりするんですってば。

引率の先生もね、もうちょい考えましょうよ。

生徒さん殴られてからじゃ遅いですって。

殴られた生徒さんも。

ポカンとしてないで。

何で殴られたか考えましょう。

訳が分からないって顔はしないの。

訳はあるの。


あなたがたの価値観がね、通用するとか思わない。

年代が違いすぎるでしょ、年齢の差。

それだけ生きてきた時代も違うわけなんだから。

価値観とか違って当たり前なの。

クリスマスっていえば敵国のお祭りなの。

わかってる?

吹っ切れてる人もいれば、そうでない人もいるんです。


殴られた頬をさすって、よぉーく考えなさい。

バカタレ。






ってなこともなく。


平和な一日でした。


いやだって。

メリークリスマス!

ぐらいで怒っていたら。

今の世の中生きていけないってば。

テレビつけたら、普通に英語とか喋ってるじゃん。

ってか、年寄りとか外国製品とか大好きですよ。

米よりパンの方が好きだし。

お茶よりコーヒーの方が好き。


そもそも慰問なんてなかったもん。

祝日に来てくれますかいな、中坊が。

いつもと変わらぬ一日でした。

クリスマスの欠片もなかったですよ。


じゃあ何でこんなこと書いてるかっていうと。

一人身で過ごす私の。

ささやかな嫌がらせ。

下らない一夜をせいぜい楽しむがいいさ。

posted by 水卿 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。