よかったらクリックしてやって下さい
ば、ば、ばなーにほんブログ村 その他日記ブログへ

2008年01月27日

新年会と御寿司屋さん

久しぶりの休日に羽を伸ばしていましたところ。

突然、携帯が鳴り響きまして。

無粋な着信音にムっとしながらも。

一応確認したんです。

そしたらゴミ屋敷の住人こと友人Kからなんです。

なんじゃらほい、と。

顔をしかめながらも出ますと。

「お前、何してんだよ!」

と、いきなりの怒声。

意味がわからない。

ヒステリックに叫ぶKをなだめすかし。

事情を聞いてみたところ。

新年会の予定時間になっても私が来ないことにご立腹なんだそうです。

えー、その前に。

新年会の話、聞いてません。

今、初めて聞きました。

初耳です。

初耳物語です。

そんなわけで、知らねーよ、と抗弁を垂れていますと。

携帯の向こうから。

「え、お前伝えてないの?」

「俺は言ってないよ、お前が連絡したと思ってた」

とか言い合ってる声が聞こえてくるんですね。


事情は飲み込めた。


そんな感じで。


いきなりで驚きましたが、とりあえず折角お誘いを頂いてるわけですし。

行くことにしました、新年会。

お気に入りの洋服に着替えて。

上から下まで総額3000円だぜ。

って感じのお洋服に着替えて。

スピーカーが壊れて音楽も聴けない愛車のデミオに乗り込み。

車だと酒飲めないじゃん、とショックを受けつつ出発したんです。



指定されたお店は駅前の小さな御寿司屋さん。

味のわりに値段が高いと評判のお店。

間違っても新年会をするような店ではないです。

すでに嫌な気持ちになりつつも店内へ。



客がいない。



流石に平日。

お客さんがいません。

友人らの貸切コースです。

しかし彼らの顔は暗い。

貸切みたいな状況なのに、すんごく陰気な空気が流れてるんです。

もう何があったんだって聞きたくなるくらいにダークな雰囲気。


「うぃ、お待たせー」


とりあえず席に腰掛ける。

メンバーはゴミ屋敷の住人Kと真面目な友人Hの二人。

新年会といえるような人数ではないです。

これでは飲み会と変わらないです。

ってか、ただの飲み会じゃん。

むしろ、酒飲めないんだから、夕食でも食べに行こうぜってレヴェルの話。

まあ、それはともかく。

とりあえず何か頼もうと店の人を呼ぶ。



「ちょっと待ってください」



断られる。



「あ、じゃあ飲み物だけでも」


「後にしてください」



断られる。




思わず青筋。

聞くだけ聞いてよ、と。



そしたら。

友人が暗く笑うんです。



「注文は一つずつしか無理なんだそうだ」


「ほう?」


「しかも注文してから半時間は待たされる」


「ほう?」


「なんせ店員が一人」


「ほほう?」


「最初に頼んだウーロン茶しか口にしてない」


「店変えろ」



しかもこの後、別のお客さんが来てしまい。

ますます注文が遅れる事態が発生。



『ここヒドくない?』

『誰だよ、この店でやるとか言い出した奴』

『K』

『まさか、ここまでとは…』

『しかも滅茶苦茶高いぞ、値段』

『味はいいんだよ、味は』

『味以前の問題だろ、たわけ』

『頼んである料理を食べたら店変えるぞ』

『了解』

『今から注文禁止な』


携帯のメールで会話を始める。


意外と早く(といっても20分くらい)やってきた料理を平らげ。

ブルーな気分のまま、店を後にすることに。


天婦羅とゲソ焼きしか食べてないのに5000円もぼったくられる。


腹が立ったので、小銭で支払ってやりました。




舌打ちが聞こえた。
タグ:日記
posted by 水卿 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80944631

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。