よかったらクリックしてやって下さい
ば、ば、ばなーにほんブログ村 その他日記ブログへ

2008年01月14日

Yちゃんと砂時計

部屋の掃除をしてたんです。

理由は特にないんですけど、持ち物が増えてきて収納スペースの許容量をオーバーしちゃったんで。

いらないものを捨てちゃおうってことで、掃除していたんです。

押入れの奥には、ずいぶんと懐かしいものが沢山ありましてですね。

学生時代に使っていた教材。

黄ばんだアルバム。

大昔の音楽カセット。

などなど。

色々出てきまして。

もう全部処分しちまえって感じで。

今となっては不要なものばかりだと。

次々と掻き出していったわけなんですが。

その中に、小さな小箱があるのに気付きまして。

思わず、その手を止めたんです。

プラスチックでできた安っぽい小箱の中には。

これまた安っぽいプラスチック製の砂時計が…。

こんなの、持っていたかなー?

と、しげしげと眺めていたのですが。

時計の底に彫られたイニシャルを見て、全てを思い出しました。


今日はそんな昔話。




中学1年の頃です。

私の席の隣にYちゃんって女の子がいました。

中学一年といえば、女と男は別れて遊ぶものなんでしょうけど。

私の通う学校では、そんなこともなく。

男女入り混じってワイワイと騒いでいたんです。

で、その中の一人がYちゃんでして。

活発な子でしてね、男顔負けの元気さで私のいる仲良しグループのリーダーみたいな扱いだったんです。

中学生は席の近い人に恋愛感情を抱く。

という俗説があるようですが、私も例に漏れず。

Yちゃんラヴィーって感じで。

友人に。

Yちゃん、かわいー。

を連呼してウザがられていた記憶があります。

そのYちゃんは絵がとても上手でして。

漫画家になるのが夢だとか言ってたように思います。

あれ? 小説家だったっけ?

まあ、どっちかね。

で、絵が上手いんなら漫画を書いてくれと。

私を主人公にした漫画を書いてくれと。

頼んだら、書いてくれましてね。

もうラヴィが止まらないって感じで。

友人らに。

「もう結婚する、結婚するよー」

と連呼してウザがられた記憶があります。

まあ、ここまでストレートに恋愛感情を表現していれば。

当然Yちゃんにも気持ちは伝わっているわけです。

ところがなかなか返事を返してくれなくて。

好きだー。

って言っても。

あははー。

と切り返され。

どういう返事なの、それ?

と当時はずいぶんと悩んだものです。

まあ、遠回しに断られていたんですけど。

子供だった私は気付かずに、楽しい恋愛生活を夢見ていたのです。

そんな時に事件が起こりまして。

まあ。

転校することになったんです。

私が。

嘘です。

Yちゃんが。


その話を耳にしたとき、信じられずに教えてくれた友人に噛み付いたことを覚えています。

しかしそれが先生の口から伝えられると。

もう号泣ですよ。

私だけじゃなくて、仲良しグループのみんなが大泣き。

それだけ彼女はみんなから愛されていたんですね。


Yちゃんが転校する日。

クラスで送別会が行われたのですが。

別れたくないよー、と、

泣きじゃくる私に、Yちゃんが近寄ってきました。

Yちゃんは手に何かを持っていました。

砂時計でした。

小箱に収められたプラスチックの砂時計でした。

そして桃色の手紙。

私はYちゃんを見ました。

これは一体どういう意味があるんだろうと。

Yちゃんは、優しく微笑んで言いました。



「○○君に渡しておいて」





あれから十数年。

砂時計は私の手元にあります。

理由は簡単。

渡すの忘れてました。


ごめーん。


手紙は。

紛失した。


ごめーん。



ごめんよ、Yちゃん。


今から渡そうか?
ラベル:思い出 砂時計
posted by 水卿 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんて言うか・・・ドンマイです^^;

そして今さらながら
渡してほしいなぁ・・・と
ちょっと期待しておきますw
Posted by FUMI at 2008年01月15日 23:38
よし、渡しましょう!
Posted by 水卿 at 2008年01月16日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。