よかったらクリックしてやって下さい
ば、ば、ばなーにほんブログ村 その他日記ブログへ

2008年11月13日

ゴミ屋敷と午後の紅茶

職場の連中と御飯食べに行ったんです。

同じ部署の人達と。

行きたくなかったんですけど。

行って来たんです。


アレなんですよ。

よくいるじゃないですか。

味にうるさい人。

うるさいだけの人。

本当に味の違いが分かってるのか疑問だけど、とりあえずうるさい人。


いるでしょ?

なんていうんですかね。


美味しいものしか食べないことが一種のステータスだと勘違いしてる人。


美味しい店を知っていることがステータスだと勘違いしてる人。



いない?


まあ。

普通は美味しいもの食べたいですけどね。


味の分かる女(男)


っていうアピールってんですか?


あのウザさ。

鬱陶しさ。

勘弁して欲しいです。



で。


私が職場の面々と御飯食べに行ったときも、そんな感じで。

美味しいお店があるのよん。

と、いった感じで。

連れて行ってもらったんですけど。

人がいっぱいで入れないんです。

人気があるから。

人がいっぱいで入れない。

仕方ないんで。

他のお店を探そうってことになったんですね。

そして、アレですよ。


味にうるさい女(男)アピール軍団ですよ。


こっちは、ファミレスで充分なんですけど。

それはどうの、こうのって。

グダグダとケチつけて。

車で一時間近くかかる店とか。

あらかじめ予約しなきゃいけない店とか。

何時間も並ばないといけない店とか。

そんなとこばっかり提案するんですよ。


美味しいものに魅せられるのも分かるんですけどね。

食べたい時に利用できない店はイラネーよ、と。

そんな話で、もう何十分ロスしてんだよ、と。

コバルトブルーな気分になってたんですけど。

まあ、どうせ、どこかに行かなきゃ帰らしてもらえないんで。

諦めて、行くことになりました。

車で半時間近くかかる、老夫婦が経営してるとかいう店に行くことになりました。

閉まってました。



そんなわけで。


振り出しに戻って。

同じこと繰り返して。

色々と話し合って。


ファミレスで、ひつまぶし食べて帰りました。



もう。


味にうるさい方々とは。


御飯食べたくないです。






まあ、それとは全然関係ないんですけど。



ゴミ屋敷の友人の家に遊びに行ったんです。

ゴミの友人の家へ遊びに行ったんです。

相変わらず、部屋の中はゴミだらけなんですけど。

汚い部屋の中は通販のダンボールで山積みなんですけど。

以前買った羽毛布団は健在なんですけど。

いつのものか判別不可能なペットボトルとか置いてあって。

一度口をつけたペットボトルを。

飲み干さずに数ヶ月放置するとこうなる。

みたいな。

乳白色のドリンクが透き通った琥珀色になる。

みたいな。

中は真空になっているのか、内側からの圧力で潰れる。

みたいな。

恐ろしい事態になっていたんですけれど。

それはともかく。

ゴミの友人は紅茶に凝っているようでして。

マイブームとかいうものらしくて。

「午後の紅茶」なのですが。

いっぱい空き缶とか置いてありまして。

これを紅茶に凝っていると書いていいものか悩むところなんですけれど。

紅茶に凝っていると本人は言っていて。

「午後の紅茶」に凝っていると本人は言っていて。

「午後の紅茶」を色々ブレンドしてると胸を張る。



で。


奴が発明したという。

午後の紅茶、オリジナルブレンド。

という。

ロイヤルミルクティーとアップルティー、レモンティーの3種を。

奴の尺度で計り、ミックスさせた。

すでに色々と間違っているブレンドティーを飲ませてくれたんです。

午後の紅茶を3種類混ぜ合わせただけの液体を。

オリジナルブレンドとか言って飲ませてくれたんです。

子供が食べ物で遊んでるのと同レベルなんですけど。

奴は本気で。

いいから飲んでみろって。

と、しつこく迫ってくるので。

しぶしぶですが、飲んでみることにしたのです。



さて。


その、お味は?




意外と美味しい。






わけねーです。


喉に流し込むのがやっとです。


味が良くない。


香りとか良くない。


見た目とか良くない。


全体的に良くない。


なんというか良くない。


色々と良くない。


要するに、不味い。


不味い。


文句なしで不味い。




上手く言葉にできないんで。


皆さんも一度お試しあれ。


ロイヤルミルクティーとレモンティーとアップルティー。


ミックスしてみ。


で、色とか見てみ。


飲んでみ。


世界が変わる。





単品で飲んだ方がよほど美味いです。



当然ながら。

美味しくない、と言ってカップをつき返したんですよ。

そしたらね。

ムカツクことにゴミの友人は。


「お前には早かったか」


と、仰る。



早いって何?

時とともに味の深みとか分かるようになるの?

香りを楽しめるようになるの?

ってな感じで。

こいつは、このミックスティーの何が気に入ったんだと。

部屋の中は、なんとも形容し難い空気が支配しておったのですが。


ゴミの友人は。

飲み残したミックスティーを。

突き返したオリジナルブレンドを。

優雅な仕草でクイっと口に流し込み。

ゆっくり味わうように転がしながら。

コクリと飲み干した。


「美味い」








あんまり味が分からないのも。


どうかと思う今日この頃。


posted by 水卿 at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オロナミンCと牛乳混ぜてみ、意外とイケるよ。

さて、タビミツ見るか。
Posted by 坑道式発破 at 2008年11月13日 22:26
空いた時間にお小遣い稼ぎをしませんか?ライター募集のご案内です。簡単な在宅ワークで安定した副収入を得ることができます。努力しだいで高額の副収入を得ることも可能です。
Posted by ライター募集 at 2011年09月11日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109625434

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。