よかったらクリックしてやって下さい
ば、ば、ばなーにほんブログ村 その他日記ブログへ

2008年01月29日

金剛石街とオムレツ

京都の某所に金剛石街という小粋なデパートがあるんです。

以前から目を付けていたんですけど。

なかなか行く機会がなかったんです。

で、友人らが抱き枕を買いに出かけるっていうんで。

ついでに、その金剛石街に寄ってくれって駄々をこね。

連れて行ってもらえることになりました。

3人で行ってみることになりました。


友人Kが兄から譲り受けたというMX−6ちょいカスタムに乗り込み。

さだまさし「夢の吹く頃」をエンドレスで流しながら。

五稜郭! 五稜郭!

と、大声で連呼しつつ発進。


平日であるにも関わらず交通量は多く。

要するに結構混んでいて。

なかなか車が進まないんですが。

自慢の愛車MX−6が、原付にスイスイ抜かれ、苛立っているKを横目に。

「私はキミのような死にたがり屋とは違うんだ!」

と叫びながら、ワイワイ騒ぐ私達。

よほどムカついたのか、途中で変なロックに変えられる。



すったもんだの末。

なんとか目的地に到着。

まだ金剛石街ではありません。

友人が抱き枕を買うために寄った店です。

値段と内容とを見比べ、財布と相談している友人。

時間がかかりそうなので、別のフロアにあるブックストアへ。

付き添いできた友人Hも私と同じくブックストアで時間つぶし。

が、立ち読みって気分でもないし。

欲しい本も見当たらない。

ので、Hを誘って喫茶へ行くことになりました。

一応Kに断っておき、向かいにある陰気な様相の喫茶へ。


店内に入ると。

カウンター越しにおばちゃんが。

「誰!?」

驚いたような顔でこっちを見る。

誰って…客でしょ?

むしろこっちが驚いた。

店を間違えたのかと思いました。

喫茶に入って、いきなり「誰?」って言われたのは初めてです。

とりあえず席についてコーヒーを頼むんですが、どこか納得のいかない顔をするおばちゃん。

流石にここまでくると、何か大きな間違いを犯したんじゃないかって心配になりまして。

「あの、ここって喫茶店ですよね?」

「は…はい、そうですが?」

間違ってない。

なのに何故に不審がる?

むしろこっちが不審に思う。

そして沈黙。

おばちゃんが、じぃーっと視てるんです。

コーヒーを飲む私達を、凝視してるんです。

気まずいの何の。

味なんか分からない。

もう居た堪れなくなって。

お金払って、すぐに逃げ出しました。



「あの店はヤヴァいよ」

グチグチと文句を言いながらKの様子を確認しに戻ると。

自分の身長より大きな抱き枕を抱えたKが清算を済ませたところでした。

ふかふかそうで何より。



で。

んなことはどうでもよくて。

いよいよ、私が心待ちにしていた金剛石街へ行くんです。

良い噂も悪い噂も全く入ってこない、どうなのこのデパート?

って感じの金剛石街へ行くことになったんです。


で。

到着。


やたら客が多い。

多いが私達だけ妙に浮いている。

年齢層は幅広いのですが、何故か私達だけ浮いている。

というのも。

女性客ばっかり。

なんです。

男性はカップルだけ。

男同士が集まってくる店ではなかった。

何故なら。

見渡す限りのお店が化粧品関係やジュエルショップ、婦人服などなど。

つまり、女性をターゲットにしてる店の集まったデパートなんですね。

たまに紳士服売り場もあるが、私達が着るようなものではない。


まあ。

要するに。


場違い。


あちゃー。

どうすんだよ。

昼食、ここで食べる予定だったのに。

って感じで。

オロオロしてたんですが。

開き直れ私達!

って感じで。

思い切ってここで昼食を食べることに。

ってなわけで。

かわいいオムレツのお店で。

一番かわいらしいオムレツを頼む。

店員さんは笑顔だけど、心の中では「キモ!」って思ってるんで。

絶対思ってるんで。

なるべく爽やかな雰囲気を醸し出さないといけないんです。

無理ですけど。

禍々しいオーラを放出しながらオッサン3人でモソモソ食べてました。

そしたら。

店の人とか周囲のお客さんたちが、見てるんです。

私達を。

じぃーっと視てるんです。

オムレツを食べる私達を、凝視してるんです。

気まずいの何の。

味なんか分からない。

もう居た堪れなくなって。

お金払って、すぐに逃げ出しました。



とりあえず。

金剛石街には、男同士で行ってはならないと理解できました。


ってか、もう行かない。
タグ:日記
posted by 水卿 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

新年会と御寿司屋さん

久しぶりの休日に羽を伸ばしていましたところ。

突然、携帯が鳴り響きまして。

無粋な着信音にムっとしながらも。

一応確認したんです。

そしたらゴミ屋敷の住人こと友人Kからなんです。

なんじゃらほい、と。

顔をしかめながらも出ますと。

「お前、何してんだよ!」

と、いきなりの怒声。

意味がわからない。

ヒステリックに叫ぶKをなだめすかし。

事情を聞いてみたところ。

新年会の予定時間になっても私が来ないことにご立腹なんだそうです。

えー、その前に。

新年会の話、聞いてません。

今、初めて聞きました。

初耳です。

初耳物語です。

そんなわけで、知らねーよ、と抗弁を垂れていますと。

携帯の向こうから。

「え、お前伝えてないの?」

「俺は言ってないよ、お前が連絡したと思ってた」

とか言い合ってる声が聞こえてくるんですね。


事情は飲み込めた。


そんな感じで。


いきなりで驚きましたが、とりあえず折角お誘いを頂いてるわけですし。

行くことにしました、新年会。

お気に入りの洋服に着替えて。

上から下まで総額3000円だぜ。

って感じのお洋服に着替えて。

スピーカーが壊れて音楽も聴けない愛車のデミオに乗り込み。

車だと酒飲めないじゃん、とショックを受けつつ出発したんです。



指定されたお店は駅前の小さな御寿司屋さん。

味のわりに値段が高いと評判のお店。

間違っても新年会をするような店ではないです。

すでに嫌な気持ちになりつつも店内へ。



客がいない。



流石に平日。

お客さんがいません。

友人らの貸切コースです。

しかし彼らの顔は暗い。

貸切みたいな状況なのに、すんごく陰気な空気が流れてるんです。

もう何があったんだって聞きたくなるくらいにダークな雰囲気。


「うぃ、お待たせー」


とりあえず席に腰掛ける。

メンバーはゴミ屋敷の住人Kと真面目な友人Hの二人。

新年会といえるような人数ではないです。

これでは飲み会と変わらないです。

ってか、ただの飲み会じゃん。

むしろ、酒飲めないんだから、夕食でも食べに行こうぜってレヴェルの話。

まあ、それはともかく。

とりあえず何か頼もうと店の人を呼ぶ。



「ちょっと待ってください」



断られる。



「あ、じゃあ飲み物だけでも」


「後にしてください」



断られる。




思わず青筋。

聞くだけ聞いてよ、と。



そしたら。

友人が暗く笑うんです。



「注文は一つずつしか無理なんだそうだ」


「ほう?」


「しかも注文してから半時間は待たされる」


「ほう?」


「なんせ店員が一人」


「ほほう?」


「最初に頼んだウーロン茶しか口にしてない」


「店変えろ」



しかもこの後、別のお客さんが来てしまい。

ますます注文が遅れる事態が発生。



『ここヒドくない?』

『誰だよ、この店でやるとか言い出した奴』

『K』

『まさか、ここまでとは…』

『しかも滅茶苦茶高いぞ、値段』

『味はいいんだよ、味は』

『味以前の問題だろ、たわけ』

『頼んである料理を食べたら店変えるぞ』

『了解』

『今から注文禁止な』


携帯のメールで会話を始める。


意外と早く(といっても20分くらい)やってきた料理を平らげ。

ブルーな気分のまま、店を後にすることに。


天婦羅とゲソ焼きしか食べてないのに5000円もぼったくられる。


腹が立ったので、小銭で支払ってやりました。




舌打ちが聞こえた。
タグ:日記
posted by 水卿 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

更新再開のお知らせ

さすがにサボり過ぎたなーと反省。

なにしてたの?

と聞かれたならば。

ゴロゴロしてました、としか答えられない。

まあ、そういうわけで。

更新とか再開します。

明日から再開します。

今日は寒いので勘弁です。

明日から書きます。

メモ帳にも色々とネタが溜まってきたので。

そろそろ書き始めます。

明日からね。

今日は寒いから。

ほら、雪とか降ってるから。

京都では雪が降っているから。

今日は嫌だけど。

明日から始めます。

とりあえず新年会についてとか。

書いてみたいと思います。

んじゃ。

また明日。
posted by 水卿 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。